<< 大阪と京都で3人を刺した石津被告に懲役20年(産経新聞) | main | 「腹案」は米側に説明したのと同じ 岡田氏(産経新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


強姦致傷被告に懲役21年、裁判員「涙が出た」(読売新聞)

 計8人の女性を暴行したとして、強姦(ごうかん)致傷罪などに問われた埼玉県入間市鍵山、無職松田隆史被告(25)の裁判員裁判の判決が29日、さいたま地裁であった。

 中谷雄二郎裁判長は「犯行は10年にわたり、根深く、常習性も明らか」とし、懲役21年(求刑・懲役25年)の実刑判決を言い渡した。

 判決によると、松田被告は、高校1年だった2000年4月から09年5月までの間、入間市の茶畑や路上などで、当時15〜24歳の女性8人に対し、強姦致傷2件、強姦4件、強姦未遂2件を起こした。判決で中谷裁判長は、「刑務所で性犯罪処遇プログラムを受けても、再犯の可能性を否定しきれない」と述べた。

 公判では、さいたま地裁の裁判員裁判で初めて、被害者参加制度が利用され、代理人弁護士が求刑の意見を述べるなどした。判決後、記者会見した裁判員経験者の60歳代男性は「被害者の実際の気持ちを聞き、涙が出た。ただ、流されないように気をつけた」と話した。

普天間移設「われわれは楽観的」 米軍高官、現行案履行に言及(産経新聞)
EPA初、外国人看護師候補者3人が国試合格(医療介護CBニュース)
日米同盟発言の連隊長処分を批判=2中隊長を注意、指導−防衛省(時事通信)
<自民党>改革色強く打ち出す 国家公務員法等改正案の対案(毎日新聞)
水俣病訴訟で初の和解成立へ=公式確認から半世紀余り−救済の道新たに・熊本地裁(時事通信)

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • 11:31
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
リンク
無料ホームページ
クレジットカード現金化 比較
ブラック キャッシング OK
債務整理 無料相談
2ショットチャット
selected entries
archives
recent comment
  • 信頼回復による再出発…所信表明全文<1>(読売新聞)
    みっくみく (08/27)
  • 信頼回復による再出発…所信表明全文<1>(読売新聞)
    ボーン (01/20)
  • 信頼回復による再出発…所信表明全文<1>(読売新聞)
    とろろいも (01/13)
  • 信頼回復による再出発…所信表明全文<1>(読売新聞)
    桃医 (01/08)
  • 信頼回復による再出発…所信表明全文<1>(読売新聞)
    オリンキー (01/04)
  • 信頼回復による再出発…所信表明全文<1>(読売新聞)
    リョータ (12/25)
  • 信頼回復による再出発…所信表明全文<1>(読売新聞)
    晶太郎 (12/21)
  • 信頼回復による再出発…所信表明全文<1>(読売新聞)
    ゴンボ (12/18)
  • 信頼回復による再出発…所信表明全文<1>(読売新聞)
    ちょーたん (12/14)
  • 信頼回復による再出発…所信表明全文<1>(読売新聞)
    ポロネーゼ (12/05)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM